売却をお考えの方へ

不動産売却は、多くの方にとって重要な決断です。

それぞれの不動産は独自の特性を持ち、個々の事情や課題が存在します。

納得のいく売却を実現するためには、どのような基準で不動産業者を選ぶべきでしょうか?

安心・満足の高値売却を実現するためには、どのようなアプローチが最適でしょうか。

ファイネストは、多くのお客様から満足の声をいただいております。

ファイネストの不動産売却方式

ファイネストでは、不動産売却にポスティング方式の入札を推奨しています。

ポスティング入札とは

入札とは、一般的にはあまり馴染みのない言葉かもしれません。これは、一つの不動産に対して、複数の購入希望者がそれぞれの希望する価格を提示して買い取るという売却方法を指します。

最終的には、最も高い価格を提示した入札者がその不動産を購入できるというのが仕組みです。入札方式には主に2つのタイプがあります。

「競り上がり方式」と「ポスティング方式」についてです。

○競り上がり方式は、入札価格が更新されて価格が上昇する仕組みです。
○ポスティング方式は、各参加者が一度だけ入札することができる仕組みです。

一見すると、競り上がり方式では価格が高騰しやすいと感じられますが、実際にはポスティング方式でより高い価格がつくことが多いです。ポスティング方式の入札では、参加者は購入の機会を逃さないために、予算の上限で積極的に入札をしていただけます。

競争がある「入札」方式は高値がつきやすい方法ですが、ファイネストのポスティング入札方式を用いれば、売主が予想した売却価格を超えることも当然の結果となります。

エリア・土地の大きさ・用途地域等によって高値で買取を行う業者は異なります。

たとえば高低差がある土地は造成工事を得意とする業者が高値を出してくれる可能性が高く、土地の広さや用途地域(建築可能な建物を制限するルール)によってはマンションを建てる業者が最も高い価格を提案することもあります。得意分野は各会社によって異なるのです。

ファイネストでは、売主様からのご依頼を受けた後、現地調査を実施します。不動産の詳細を精査した上で、その物件のニーズに適合する業者を選びます。ニーズに合致しない業者が入札に参加しても、高値入札は期待できません。

情報が不足しているために入札参加者が断固たる判断を下せず、高値を提示できないという事態は絶対に避けなければなりません。

 

インターネットやテレビでよく見る“一括査定”や“数秒査定”の広告がありますが、物件の詳細を把握せずにどのような査定結果が得られるのでしょうか?

複数業者で
ポスティング

業者間(買取希望者)での競争により、
高値で売却を実現

売却先は、条件を総合的に考慮し、売主様との相談を通じて決定いたします。

従来型の不動産売却はこのようなやり方

通常の不動産売却プロセスでは、売却を希望する方が仲介業者に依頼し、業者は取引をスムーズに進めるために馴染みの買主に声をかけます。買主と仲介業者が既に関係を持っているため、取引は円滑に進むものの、仲介業者と買主間で価格交渉が行われたり、売主の希望価格を買主に伝えて調整することが一般的です。この方法では、売主の希望する価格を大きく上回る売却は期待できません。
これは、仲介業者が早期に取引を完了させて手数料を得たいという意向と、買主ができるだけ安価に不動産を手に入れたいという願望が反映された、典型的な売却スタイルです。
このスタイルでは、売主は自らの貴重な不動産を高値で売却することが難しくなります。

業者へ斡旋

仲介業者の不動産査定について

不動産を売却する際、多くの人が行う一つのステップは「不動産査定」です。地元や駅前の仲介業者に訪問し、物件の資料を提出して査定を受けるのが通常のプロセスです。では、提示される査定価格は実際に売れる金額なのでしょうか?

もちろん、販売を始めなければ結果はわからないでしょう。
しかし、相談された営業マンは高い査定額を提示することのより、売り主が大きな期待を持って快く売却を依頼してくれるように仕向ける意図で査定価格を出したのです。

以下のような話があります。大手不動産仲介会社に査定を依頼し、その金額で売り出しを開始したものの、どれだけ時間が経っても売れず、長期間市場に出続けた結果、最終的に売却価格は最初の査定額からかけ離れた金額になってしまいました。このようなケースは珍しくありません。
当社では、長期間市場に公開し続けることは物件価値を下げる一因であると考えています。
市場に出ていない物件ほど、買取を希望する者の購買意欲を刺激するものです。

インターネット上での数十秒査定や一括査定はお勧めできません。査定価格を手軽に知ることができるのは魅力的ですが、信頼性に欠ける机上査定を受けるために多くの業者に個人情報を提供してしまうことになります。その後の営業電話は大きなストレスになる可能性があります。このような事態は避けたいですね。

高価買取!本当?
“高価買取”と宣伝している不動産業者に直接相談をご検討の方へ

高価買取を謳う不動産業者への直接相談はお勧めしません。その理由は、その業者が他の競合と競争せずに、売主であるあなたと直接交渉することができるからです。

買取業者は自分たちの都合で話を進めることでしょう。

彼らは「仲介手数料が不要なので、お得に売却できます」と言うでしょう。実際に仲介手数料は発生しません。

しかし、競争がない状況で価格を決めるとき、買主不動産業者が予算の限界までの価格を提示するでしょうか?

そうはならないでしょう。買取会社は可能な限り低価格で買い取りたいと考えています。

競争相手がいなければ、予算の限界までの高価格を提示する会社は存在しないと考えるのが妥当です。

例えば、買取業者があなたの不動産を「1億円で買い取ります」と提示したとします。仲介手数料が発生すれば、税別で306万円になります。

直接買取業者から1億円の提示を受け、仲介手数料がかからないと説明されれば、306万円得したと感じるかもしれません。

しかし、、、。

「1億円で買い取ります」との申し出があったこの不動産を、ニーズに合致する複数の不動産買取業者にファイネスト方式の入札に参加してもらうと、1億306万円以上の買取価格が提示される可能性が非常に高いのです。重要なのは、「多くの買取希望業者から正直な金額を提示してもらうこと」という点です。

大きな土地の売却について、知っておいてください

大きな土地とは、たとえば建売住宅でいうと3宅地以上の広さを想像してください。そのような広大な土地を一つの物件として売却しようとすると、売値は高額になります。これでは一般の個人には手が届かない価格になってしまうでしょう。分割して売却することを考えるかもしれませんが、一般の方(宅地建物取引業者免許を持たない方)が土地を分割販売することは、法律で禁止されています。大きな土地の売却には、ファイネストの入札方式が効果を発揮するのです。

まずはファイネストにご相談ください。

不動産の売却は一般の方にとっては稀な経験であり、売却の詳細や価格の妥当性を判断することは難しいものです。

私たちは価格がどのように決定されたかをお客様に説明することを心掛けています。

✅ 取引の透明性を大事にします

入札~入札結果のご説明につきましての経過を全てオープンにします。

  1. 情報提示先名
  2. 回答状況・件数
  3. 入札金額・条件・有効期限※内容についてご説明します
  4. 買付証明書を提示

入札業者及び関係者への説明責任は弊社が担います。
取引の透明性と納得感を保証いたします。

✅ 情報は慎重に取り扱います

不動産の売却を近隣住民に知られたくない場合はご相談下さい。広告やレインズへの掲載を避け、一般媒介契約を結んで個別営業で対応します。必要に応じて、「守秘義務に関する誓約書」を取り交わし、情報漏えいを防止します。

ポスティング入札方式のファイネストなら、
安心して不動産の売却を任せられる!

相続売却もワンストップで

どのようなことでも、
まずはお気軽にご相談ください。

042-704-9470(9:00~18:00 火水定休)

メールでのお問い合わせ
(24時間365日受付)